リッチフローとリッチ曲率(情報・記憶)

一般化ランダム・グラフは、木の構造を持つ。ポアソン分布として一般化ランダム・グラフをつくると、できたグラフは次数分布こそランダム・グラフに一致するが、ランダム・グラフでは一般サイクルができるので、一般ランダム・グラフと構造は異なる。

ここでは、時間生成と記憶の問題が残される。

そして連続性(切断のない衝突作用素))をもとにした初期状態からの最適輸送は、ボルツマン方程式とランダウ減衰の間に残された。

 

キーワード:共形幾何学 最適輸送 自由境界問題

 

 参考

「定理が生まれる」    セドリック・ヴィラーニ 著 

「複雑ネットワークの科学」   増田直紀 今野紀雄 著