外延性と折り畳みニューラルネットワーク

「固定的な理論」(固定マインドセット)は、「ステレオタイプ」にしか反応しない自己、主体性の喪失と無力感を形成する。

ある親密集団の無記名な意見書から、「その意見が誰のものか」(固定マインド)を当てるゲームがあれば、それは人の心を読む基盤のサインとなり、そこから自分により大きな視点を生むスキルとなる。

 

物理や生命が「微妙な誤差」で調整されているのは、完全であるよりも、創造力を育むネットワークを形成するためである。(人間原理

音声認識と顔認識から発展したディープラーニングは、人間が日常の中で最も多く出会い、しかも認識しなければならないものだからだ。これは豊富なデータ(コミュニケーション)を無意識に意味する。

そしてここから実は、「大幅な性能改善」が生まれたのである。

微妙な誤差は、力学と量子力学を「運動」として支え、連続体問題をニューラルネットワークに置き換えたのである。それが「畳み込みによるネットワークの形成」、つまり「ドロップアウト」の学習、「ネットワークの可視化」である。

 

キーワード:マルチバース 素数 円周率 ミニバッチ学習 群論 デデキントゼータ関数

      誤差逆伝播法 畳み込みニューラルネットワーク

 

参考

「オープニングマインド」   ピーター・ジョンストン 著

イラストで学ぶ「ディープラーニング」改訂第2版   山下隆義 著