ライフヒストリー

助産婦(師)を「正常」の専門家として認めながら、産科医には「異常」を見極めるための教育が行われた。

そして多くの場合、助産婦(師)は自分の処置によって、「正常産」の範囲に回収できるように、異常のサイズを縮小していったのだと考えられる。

なぜならそれは、産科医を呼んで間に合うこともあれば、間に合わないことも日常だったからである。

 

キーワード:母子手帳

 

参考

「産婆と産院の日本近代」    大出春江 著