コンティンジェンシー・プラン(ワーキングペーパー)

2006年の1回めの量的緩和からの出口プロセスにおいては、日本銀行保有していた国債は、満期が短いものが中心であったため、財政コストは問題にならなかった。

しかし、市場との取引を通じて満期構造を短期化する場合には、長期国債を売却し、短期国債を購入する市場操作(ツイスト・オペレーション)を実施する必要があり、長期金利の急騰を招くリスクがある。

 

キーワード: イールドカーブ・コントロール フォワード・ガイダンス YCC QQE J-REIT スピルバック シニョレッジ・ラッファーカーブ OLGモデル 

 

参考

「金融正常化のジレンマ」    岩田一政 左三川郁子

                日本経済研究センター 編著