尊厳概念

「実行の倫理学」を考える時、「集団間」においては、その外延・内包において必ず「ルール」が必要となるために、「利益分配以外」に必ず「制度」というものを「創発する力」があることを示す。それが「私利益」追求の中に「公益」が自ずと実現されてくると解される理由である。

 

キーワード:制度の効果 社会現象理解 

 

参考

生命倫理学」自然と利害関心の間     ディーター・ビルンバッハー 著

「民主主義にとって政党とは何か」対立軸なき時代を考える    待鳥聡史 著