質量と起源

「質量の定義」も定かではないのに、その「発生原理」を考えるなど馬鹿げている。分からないものに「起源」を先走って求めようとするのは、質量という概念に「箔をつけたがる」ようなものである。

質量を措定すれば、それが豊かな展開を示すことができるのはわかるが、質量が起源論によって自己完結してしまえば、その概念実在論は邪魔になる。

 

キーワード:慣性質量 重力質量 有効質量 ヒッグス機構