確率てこの法則

十分な機会の数(超大数の法則)があり、多様性が織りなされていて、「確率てこの法則」(わずかな差異利用)があれば、それはすべて実質的に確実な話となる。環境の与えたわずかな変化が確率に途方もなく大きな影響を及ぼし得るのである。そしてそうした変化がとても小さい確率値を一転させる。

「私の確率、あなたの確率」という場面は、あなたの確率(他者の数)が圧倒的に多いから、確率も高く、すべてが他人事(客観確率)なのである。そして「確率てこの法則」はそれを逆転させる。

ここで大きくわけて二つの事象「私とあなたたち」の確率は独立ではないことがわかる。主観確率である。

世界は他にも存在する。集団(多数の起源とその交雑)は確率であるから、それは偶然ではなく創発現象として生まれ来る。実用主義的な創発は「確率てこの法則」のように「操作的なものとすることができる」からである。

科学的文脈(多様性の織物)もまた、あらたな創発を生むように。

政府による市場介入・不介入もこの確率てこの法則を存在させている。差別を巧み利用したい集団の教訓はこうだ。

「自分とおなじようなタイプの人々を利するような何らかの積極的差別(逆差別)を行っている人の集団は、結果的に自分と同じタイプの人々の生産性を実際に高め、他人にとって魅力を高めるかもしれないからだ。」

そして最後の分析では、彼らは自分と同類の人々を故意に優遇する必要はなくなる。いったん集団的差別が確立されると、彼自身のタイプの人々は、実際に生産性が高くなるからである。

個人が統計的情報と集団的特徴を使って個人的行動の予測を形成する単純な仕組みが、アイデンティティに悪性な性質を与えないようにすることと、無害の違いが転じて、人々が進んで命をささげるような重大な標識とならぬように、今後は確率への十分理解を深めることが必要である。

 

キーワード:尤度関数 確率密度関数 正規分布 対称性 差異 乗数効果 ジッㇷ゚の法則

 

 参考

『「偶然」の統計学』    デイヴィッド・J・ハンド 著

「生命起源論の科学哲学」創発か、還元的説明か    クリストフ・マラテール 著

「見えざる手をこえて」新しい経済学のために     カウシック・バス― 著