幾何と統計が生む信号検出技術(チューブ法)

「縮退」している部分を持つことは、信号モデルの「表現」である。

妥当な幾何学表現が必要なのは、なめらかな移動と構造変化検出が位相同型だからだ。

 

キーワード:曲線  円錐曲線論 一次元多様体 ホテリングーワイルの公式 オイラー標数法 エクスカーション集合 降着円盤 微分積分幾何学 結び目理論 生体機構 宇沢弘文

 

参考

「技術に生きる現代数学」   若山正人 編

「世界は2乗でできている」 自然にひそむ平方数の不思議    小島寛之 著