先見的余剰

頭の働きは「先見」しようと試みる。それが「試行錯誤」であり、それは適当な「計画」に到達する。そこには必然的に「再帰」する「探究の範囲」が働く。

対称式を基本対称式で表現することは、グレブナー基底であり、巡回関数(循環関数)に直観を与える。

 

キーワード: 辞書式順序 ネーター環

 

参考

「数学の問題の発見的解き方」2   G・ポリア 著

「創作数学演義」    一松信 著