情報処理

できるだけプロトタイプをユーザーの前に出すべきだ。開発されている最中の形を表現することは、最終作品ができることに確実につながるからだ。

 

キーワード:多目的最適化 ランダム着地 シンギュラリティ リベラルアーツ

 

参考

「IT研究者のひらめき本棚」  情報処理学会 会誌編集委員会 編