台所(経営)

「統合」は効果を見込めない。「横持ち」は合理的ではない。

空閑地は時間的な経過のなかで、その存在意義を見出す。「変容」する際には、「更地」に戻る例が多々ある。これは、次の土地利用に備えて、以前の建物を撤去することで形成される。また若干の空き地が残っていると言う事も、新たな土地利用の受け皿になることができるため、「更新活力の保持」としても重要である。

ここにあるのは、「計画の立案者」がすべてを見通すことができないという「限界」を踏まえ、そこに「未知」な土地利用ニーズに応えられるという余地が生まれることを意味する。これにより、計画の「想定外」の対処を可能にする表明が生まれる。柔軟な思考とはそういうものである。

つまり、一つのキッチンという創作料理から生まれる姑の台所収納と嫁の台所収納の競い合い、使い勝手は、経営問題の基礎思想の刷新を含む。

 

参考

「事例で学ぶ 物流改善」   青木正一 著

「空地の思想」   大谷幸夫 著

「都市の空閑地空き地を考える」  浅見泰司 編著