リーバイスのジーンズを穿いた白洲次郎 

本書は秀逸な衣装哲学だ。記憶に間違えなければ、石津謙介氏の社員研修用別荘が、確か八ヶ岳に呼吸していた時がある。

ストリート・スナップの元祖は、「街のアイビー・リーガース」だった。

東京オリンピックというスポーツ意匠(公式ユニフォーム)としてブレザーは定着し、日本にトラッドを目覚めさせる。

そして運動靴に横文字をつけて、「スニーカー」という街なかを歩かせる。

衣装哲学は動く知的身体を体現する。

ビンテージとレプリカにアメリカもまだ気づいていない時、すでにジーンズは日本の色をしていた。

 

キーワード:ブレザー

 

参考

AMETORA」   デーヴィッド・マークス 著