相続史

他者(他家)の相続を支配する者が、権力の基盤をつくってきた。

二大政党制による政権交代劇(他者性)も、この意味からすればやはり誰かの権力である。

 

参考

「相続の日本史」   安藤優一郎 著