感覚の分析

作用点を「てこの原理」で考えている物理学者に、エルンスト・マッハ氏は感覚に添うことを提案し、あらためて曲げモーメント 等の道を開く。現実に「てこの原理」で説明できるものは少ないからだ。

言語の分子的傾向もそれに沿っている。作用点のなかには多くの未知が隠され、それは氷山の一角である。

たとえば地球とタイタンの水循環は違う。地球大気の水蒸気が入れ替わる時間は、葯9日~10日だが、タイタンの雨成分であるメタン蒸発は90年で入れ替わる。

 

キーワード:ウィーン学団 

 

参考

自然言語処理シリーズ10「文脈解析」述語項構造・照応・談話構造の解析  

             奥村学 監修   笹野遼平 飯田龍 共著

「雨はどのような一生を送るのか」    三隅良平 著