多孔理論・エネルギー論・環境論(形態統一論)

熱力学量の異常にともなう相転移は、噴水効果(J・F・アレン氏)やフィルムフローのような、見た目にも明らかな不思議な流体現象を示す。これはカンブリア爆発(眼の誕生)との相乗である。

多孔理論による証明には意味がある。ヘリウム燃焼過程は粘性と平面・表面の関係を示す。それはアモルファスと炭素循環を融合したからだ。

 

キーワード:恒星 核融合 変形菌

 

 参考

岩波講座 物理の世界 物質科学の展開1「超伝導超流動」 勝本信吾 河野公俊 著