根源的な強さ

しょうぶ学園のヌイ・プロジェクトを見る。

何かを作るということが規格外である場合、根源的な力を得ることは難しい。

何に向かっているかという自覚なしに選択と集中することは、結果像がイメージにない。しかしそれでも進めるのは、過程にその充実があるからである。つまり結果から振り返って過去を全否定する根拠がないということだ。それが生きると言う「自分」である。

 

キーワード:予期せぬ偶然 研究課題の設定 根源的力

 

参考

NHK Eテレ 「日曜美術館