聴覚映像と身体

その爪先に耳をもつ者こそ、舞踏家なのではあるまいか? 

                   - ニーチェ -

演奏会で「聴く」バレエは、聴きどころを集めている。音楽は身体を通しての、「視覚化」を意識していたのである。

 

参考

「ダンスと音楽」   クレール・パオラッチ 著