楽屋落ち

「楽屋落ち」とは、作り手が「主役」になりすぎて、意識せずに「盛り込んで」しまう事を言う。それは時間の無駄となる。

労働者の方はモノに比べてはるかに「機動性」に乏しい時代に入る。それは時間の無駄になる。

装飾芸術と広告は、「イメージの力」を獲得する。マグリット作品において、「文化人」は時間の無駄となり始めている。

こうして歴史は今後のイメージを示唆している。

 

キーワード:マグリット3作品〈赤いモデル〉〈空の鳥〉〈神秘のバリケード

 

参考

You Tube 成功の実践法則53」  木村博史 著

「コンテナ物語」  マルク・レビンソン 著

ルネ・マグリット 国家を背負わされた画家」  利根川由奈 著