ヘテロ的接合型

生活や労働には、当然の理由として意味論的変化、すなわちマックス・ウェ―バーが目的のヘテロ接合型と「読んだ」ものが当然現れる。つまり半導体の意味論もこの図像的記号論理学による変化を反映しているのである。

 

参考

「中世仕事図絵」ヨーロッパ、〈働く人びと〉の原風景   ヴァーツラフ・フサ 編著