パンの会

江戸情調と異国情調は、視覚としての「詩的言語」を生んだ。俳句に「映像化」要素が重要であったように、小林清親氏の「絵」も、豊富な「言語」を持っていたのである。

 

キーワード:萩原朔太郎