「最小作用の原理」と「アンチエージング」

人体は、「必要最小限」の鉄しか持たないことによって、「感染症の予防」に役立てている。

病原菌を「兵糧攻め」にするために、貧血は細菌から身を守る高度な「防衛機能」である。

つまり鉄の代謝に焦点を当てることは、伝染病から身を守る人体の「免疫の仕組み」を分析することと同じである。

 

キーワード:鉄 力学 免疫 経路積分

 

 参考

宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議』   吉田たかよし 著