新認識論「司法的形成物」

「認識論的ー司法的形成物」は、現象学的な転回となる。転向の解釈学は、ニーチェ永劫回帰の「反復」となる。

神仙思想によれば、繁栄は望むが、大きくなりすぎて永続的な「長生の術」を忘れてしまう可能性があることを、人類はあらためて恐れなければならないと。

ここには血族としての繁栄ではなく、一回限りの創造的思考として、人類の将来だけを望む「自身」(内部)が現われている。

 

キーワード:外の思考

 

参考

「革命と反復」マルクスユゴーバルザック  ジェフリー・メールマン 著

日本歴史学会編集『神仙思想』   下出積與 著

『存在の解釈学』ハイデガー存在と時間」の構造・転回・反復    齋藤元紀 著