マッカーサーからビートルズまで(鳴り物入りということはそういった・・・・・ ) 

マッカーサービートルズも「ジェット機」でやって来た。当時のその大音量は、支配と技術の象徴的な登場になる。犬は音で躾けるが、やがてそれは人間同士の騒音問題となる。当時のロック・コンサートの大音量は、先端と反抗の両義性を象徴していたからだ。

 

キーワード:主張 先端 争い 反抗 騒音 沖縄

 

参考

「航空から見た戦後昭和史」ビートルズからマッカーサーまで  夫馬信一 著  鈴木真二 航空技術監修