数と言葉

今では、数と言葉は分かれているが、「言葉が数」であり「数が言葉」でありえた可能性は非常に高い。