読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタログ(三次元幾何学)

「母国語」を理解でいない人に、その人は「折り紙」の動物を折っていた。そこには昔から魂を吹き込む理由があった。紙で折られた動物は家畜同様の役割と共存を担っていた。「外国語」で話す子供たちは、この動く動物たちにやさしく育てられた。お母さんがやがて亡くなるとその動物も動かなくなった。お母さんはカタログ(紙)で選ばれていた。それを伝えなければならないと、その手紙(紙)は残された。それは動く紙(動物)ではないが、そこには貧しさゆえの真実を語る「文字」(母国)が、読まれようと紙の上で動いていた。

 

キーワード:ページ ガラスの動物園

 

参考

「紙の動物園」」ケン・リュウ短編傑作集1  ケン・リュウ 著