外系と外界

勘定とは、簿記で、資産・負債・資本の増減、収益・費用の発生を記録・計算するために設ける形式である。

そして棚卸とは,商品を棚からおろしてその数量を実地調査し,品質を吟味し,その価額を評定することであるが,簿記上における棚卸とは,商品,製品などの棚卸資産についてだけをいうのではなく,「継続企業」を前提とする手法である。

つまり勘定形式を用いて、棚卸だけで前に進むことができる。陳列におけるトレンドの発現である。生産・技術なくして、「売れる」ということだけで、その組み合わせ予測と輸入拡大は可能であるということが、つまり「外系と外界の関係」である。