凋落・頽廃・再評価

行きすぎた曲解の結果生まれたものがむしろ広く受け入れられていく。

極端なまでの多様性を許容することができる彼の作品にこそ、普遍的な何かが含まれている。

 

キーワード:フレンチ・カンカン  ムーラン・ルージュ 

 

参考

「オぺレッタの幕開け」オッフェンバックと日本近代  森桂子 著