読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活空間の復権

「無意識」に移るということこそ、ブレークスルーである。危機に対し人は、時間認識も空間認識も再構成するからだ。従来からの進化は、いつも無意識に突然来る。

大きな組織の信用から、目の前にある個人の生活の積み上げにより、素朴な信頼が生まれるアダム・スミス氏が構想した社会は、こうして無意識に実現する。そこには情報があまり必要ない密な情報社会が生まれる。遠い空想世界から、自己の手が届く周囲にこそ生活空間がある時代がはじまるのである。

 

キーワード:脱中心化

 

参考

金利と経済」高まるリスクと残された処方箋   翁邦雄 著

「ブロックチェーン革命」分散自律型社会の出現   野口悠紀雄 著