読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大英博物館とルーヴル美術館の差異(リーディング・ルーム)

大英博物館のリーデイング・ルームは、展示・所蔵という物が語る「物語」と隣接していた。日本思想が日本語という物の配置の世界にあったように。

わたしたちはここから産業革命という観念論と唯物論の微妙なズレがはじまることに今さら気づかされるのである。

 

参考

大英博物館の話」  出口保夫 著

「日本語と日本思想」  浅利誠 著

「言葉と物」  ミシェル・フーコー 著