リベラル・アーツ(交流)

現在でも金儲けだけでなく、経営者が様々な分野の人と交流する「宮廷サロン」の伝統が欧米にはあることを本書は示す。

危機に瀕してもなお、学際の策(大きなサークル)は教養さえあれば存在し得る。リベラル・アーツは心(救済)である。

 

参考

ドーキンス自伝Ⅱ「ささやかな知のロウソク」科学に捧げた半生  リチャード・ドーキンス 著