クラスター科学・数学基礎論・量子論(最新版)

水分子間の「水素結合」は「クラスター」を形成する。それは絶えず切断・結合を繰り返しており、クラスターの大きさは絶えず変化している。クラスターの状態については定説はない。

水は溶解能力が高く「表面張力」が大きいゆえに、「輸送媒体」であり「毛管現象」である。毛管現象は表面張力と毛管物質の「親水性」による。

自然界は「集合」体がつくりだす物質「群」である。これは「表面科学・光触媒科学」へ展開される。その秘密は「最密充填」にある。表面積を最小にしようとする要因と、「安定」になろうとする要因である「数」が、最密充填に基づいた集合の仕方である。

ゆえにすべての「粒子的幾何学」構造は、表面にある無駄を如何に省くかが構造の決め手になる。

 

キーワード:光 水 植物 眼 平面充填 最密充填 位相幾何学 量子論 ミクロとマクロ

 

参考

「水の役割と機能化」その多様性と利用   川瀬義矩形 著

岩波講座現代化学への入門1「化学の考え方」   茅幸二 中嶋敦 著