無縁ではない物理

 

歴史レンガの言語はストライプ同様、「段逃げ」という隠喩構造を建築に示唆した。

人物を特定するためには最低150個のドットが必要だ。それより少なくても、顔に見えるような何かを描くことはできるが、それが誰かという情報はあまり伝達できない。

僕が僕であるために「刻印」された「積み重ね」がここにはある。

 

参考

僕が僕であるために」   尾崎豊 歌

スーパーリアリズム」  チャック・クロース 画