読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ストライプ」が先か「モアレ」が先か

「等間隔のストライプ」は最も単純な「図地反転」であるが、これは「織物機械技術」と「視覚」の双方に革命を与えた。「級数」の概念はここから飛躍していく。

「テキスタイル」の歴史があらゆる産業技術の歴史の優れた代弁者と言われるのは、それが資本主義的な「物欲」を満たし、流行に遅れないようにという焦燥感を煽るにうってつけな魅力(錯視)を創造したからでもあるが、等間隔のストライプ(縞)のインスピレーションは、「スピードと抽象的な思考」の推進において文字通り道筋を与えたからだ。

この「連続性とプリント力」の同時性は現代数学集合論を多義化した。そしてジャカード機械はコンピュータにゲシュタルト的視覚直観(自動化と制御)を授けたのである。

私は起こりうる複雑性にはあまり興味はない。曲の構造は方眼紙のようなものだからだ。我々に最初から光は必要ない、錯視で十分だからだ。

 

アルバート・アインシュタイン氏は言う。

「宇宙というものを、なにものかである永遠なる無へと膨張し続ける物質として受け入れることができたなら、縞模様と格子柄を一緒に着ることなど大したことではない。」

 

キーワード:ストライプ 産業革命 錯視 モアレ コンピュータ

 

参考

「模様と意味の本」明日誰かに離したくなる模様のはなし   ジュード・スチュアート 著

ゲーデルエッシャー・バッハ」   ダグラス・R.・ホフスタッター 著