社説と時間と実在と

時間は実在しない。それは日本になじみ深い観念論だ。

時間には矛盾があるゆえに、ウィトゲンシュタイン氏の「独我論は語りえない」という答えが生まれる。私も時間は実在しないと思っているが、理由はちがうので説明する。

私は下記を自分なりに説明してきた。しかし時間は実在しない。

(上半期)

1、パナマ文書が暴いた世界的な隠蔽ゲームの真相

2、三菱自動車の燃費試験データ不正問題

3、介護施設で起きている虐待

4、特定秘密の運用監視

5、児童虐待の被害者を救うために

 

(下半期)

1、英国、再び孤立状態へ(EU脱退)

2、ドラゴン出没注意(第45代アメリカ合衆国大統領選)

3、朴大統領のスキャンダルに揺れる韓国

4、小池都知事、当選後の課題

5、南スーダンに派遣される自衛隊への新たな命令

6、迫る日銀金融政策決定会合と日本経済の行方

 

参考

「時間の非実在性」   ジョン・エリス・マクタガート 著

「The Japan Times 社説集2016上下」   ジャパンタイムズ 編