読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノイズ

レオナルド氏はネオプラトニズムの「流出」説に触れ、イエスの人性を、「多産」と「少数の精神的後継者」として、具現化して行く。

昔の生活はすべて静寂にあった。一九世紀となり、「機械の発明」により「ノイズ」は生まれた。新しい機械装置は「テクノロジー」として「多産」となり、ノイズは「エレクトリック」に後継されてゆく。

ジャック・アタリ氏は言う。

「社会の変容はより早くノイズのなかに刻み込まれ、社会のノイズはその想像や実体における葛藤に先行する」と。

 

参考

「美の顕現」ルネサンスの美術と思想   カルロ・デル・ブラーヴォ 著

「ノイズ/ミュージック」歴史・方法・思想 ルッソロからゼロ年代まで   ポール・ヘガティ 著