相応しさ

自己自身に反照復帰することが、とりもなおざす「捉われからの解放」であり、そしてそれが〈自からをこの他者のうちにおいて絶対的精神として見出す精神〉への移行である。

かくして自分に「ふさわしい実在性」、つまり概念を自分の定在として持っているような、そういう概念が措定されるに至る。すなわちこれが「精神」である。

 

キーワード:相同 

 

参考

ヘーゲル・セレクション」    廣松渉加藤尚武 編訳