期待値・原動力・思考力

「期待値」の発見、それが「確率論」だ。

この「最高のものに対する心からの呼びかけ」は、「社会」を大きく動かし始める「原動力」になる。少なくともベルヌーイ家の人びとやパスカルはそれを知っていた。

「始まり」はいつも期待とはかけ離れている。しかしその始まりの不完全さが却って、これから起こることの偉大さを仄めかしていたのである。

 

参考

「ベルヌーイ家の遺した数学」    松原望 著