経済ポイント

本書はうまくかみ合っている。

メディアと接することで、人は「主体」の信頼が即座に揺るがされるような自己邂逅を必ず起こす。メディアは理解と共に狼狽をもたらすからだ。それは歴史的に、改宗=変換=交換が生まれる場所であったからだ。注意するべきはメディアによって、背反=下落=ゴミと関わらないようにすることであると本書は明快に説く。

 

参考

「メディアの歴史」ビッグバンからインターネットまで  ヨッヘン・ヘーリッシュ 著