ルール主導(契約)について

「政府」か「自由市場」かという思考方法は、市場メカニズムがつまびらかになることを望まない人々にとっては格好の隠れ蓑として機能してきた。契約という「ルールづくり」は、力を持たない人たちに現実的な選択肢を提供していないからだ。

ドイツ人とユダヤ人の修復を「和解」と考えるのは、ある種隠れ蓑である。「契約」というルールづくりを修復したのは、世界中にいるユダヤ人だからである。

 

(本件は深い歴史的「エクリチュール」の考察に基づいている。差別的なことは一切含んではいない。)

 

 キーワード:律法主義と社会契約

 

 参考

「最後の資本主義」   ロバート・B・ライシュ 著

「〈和解〉のリアルポリティクス」   武井彩佳 著