タイプ

周囲の遠景を含むように建築は眺められていたが、遠景ではなく建築の一部分のクローズアップが多くなると、それは絵画的効果を追求するよりもむしろ、記録を重視するようになり、版画のような彫り(触手)と複製により近くなっていったのである。

 

参考

「ゴシックの本質」   ジョン・ラスキン 著