読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不作為のプレイヤー達

きわめて重要な出来事について「ジャーナリズムの不作為」を発生させないことは、「報道の自由」において今後重要になる。「国策」による「研究者の不作為」もまた自由な進歩を歪める。

「代表性」のないプレーヤーとしての「官僚制」は一つの歪みである。自律性としての強い人事管理の制度化と法案政策能力は、統治の質と代表性を兼ね備えたプレーヤーへと理論展開して行かなければならない。

 

参考

「批判する/批判されるジャーナリズム」   大石裕 著

「現代日本の官僚制」   曽我謙梧 著