読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己相関モデル(VR)

聴覚系ピッチ知覚の「周波数」分析と「自己相関」分析の二重理論は、「学習」を考慮する。錯覚(フィクション)は偶然起こるのではなく、学習されたことにより「バーチャル」として「実現する」のである。これが「リアル」である。

 

キーワード:自己共分散 

 

参考

日本音響学会編 音響サイエンスシリーズ15「音のピッチ知覚」    大串健吾著