読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デフォルトネットワーク

ウィリアム・D・ハミルトン氏は、高度に社会化された世界観を「コスト」の観点から、「血縁選択の理論」として構築し、「包括適応度」という概念を導き出す。しかしここには事前に、「負のコスト」が予定されている。

しかし「共生」の概念はすべてがつながっていることから、「対立的な負」は考えられていないし、むしろ機能性(限定分割)よりも「多様性」が意味を持つ。

「人材覚醒経済」とは、最終的に「ベーシックインカム」と同じである。「ジョブ」としての「時間の使い方」は、「ITC」を活用した使い方へと拡張される。「ライフスタイル」と「ワーク・ライフ・バランス」は、同じ新しい「デザイン」と同義になる。働き方により、人材は多様性を覚醒い、新たなイノベーションへの風穴となる。これは「マッチング理論」による共生連携への覚醒でもある。「ライフサイクル」はこうして「共生サイクル」へと拡張多様化する。

今後、「新たな機械化と人工知能の衝撃」に立ち向かうには、この覚醒が最も重要である。

 

参考

「ヒトはどこまで進化するのか」   エドワード・O・ウィルソン 著

「土と内臓」微生物がつくる世界   D・モントゴメリー A・ビクレー 著 

「人材覚醒経済」      鶴光太郎 著