読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来像

映画「ベイマックス」のマイクロボットと「4K解像度」の先の見方がよくわかるのが、この「粒子法」である。

視覚的には離散的な運動に見えるが、粒子法が扱う現象は、水の運動のような連続体の運動である。しかも計算格子や要素を用いないで大変形問題をより良く扱う。物質素片(影響半径概念)の集合体として解くため、動的弾性応力解析とクラック進展解析が知覚的にも分かりやすい。準安定領域に対する解析手法としても有効である。

 

 参考

「粒子法」基礎と応用      矢川元基 酒井譲 著

「ITナビゲーター2017年版」  野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部 著