一人の独占からディープラーニングの恩恵へ

「自分で考えよう」と言って、「人工知能」を考えることは、別に意に反しない。

いつだって、あらたにもう一つの問いを立てることはよいことだ。

 

ビジネスの実験はなぜ広まらないのか。従来の発想に囚われる必要はもうない。ビジネスの仮説を拘束で検証することは可能である。機械がみずから「特徴量」をつくりだす、ディープラーニングの時代が到来したからである。

 

参考

「自分で考えよう」世界を知るための哲学入門    ペーテル・エクぺリ 作

人工知能」機械といかに向き合うか         DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部 編訳