纏りと間隔

「植生調査」における「コドラート法」はよい例である。

ある「群発」ののちにしばらく「間隔」が空く。

しかしそれは自然現象であるが時間ではない。

そしてそれは面・面積でしか起こらない確率である。