読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テクスチャ感

凸凹(テクスチャ感)という意味にはすべてがある。テクスチャは一つの穴、粗さ、粘性、欠陥であるが、トンネル通過働(耳・鼻・口径)であり、そこから周波数概念が生まれる。凸凹は最終的にすべて凹という「管」に代表される「表面」であり立体は錯覚である。反射特性もまた角度を得る。触覚は角度の記憶である。なぜならすべては表面質感だからだ。窓枠はトンネルと同じであり、運動速度の解法である。

 

キーワード:リマッピング手法による半透明感の生成 ウェーブレット変換

 

参考

「質感の科学」知覚・認知メカニズムと分析・表現の技術     小松英彦 編