読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「引用」の未来教育(公開方式)

本書秀逸であり、今後の教育指針をうまく示唆する。

「引用」だけで十分である。

 

「コードは書くことよりも読まれることのほうが多い」という考えのもと、読み込まれる(記述)。

学術論文の引用数も同じである。学びやすく、読みやすく、結果としてメンテナンス性に優れているということは、公開性(オープン)に推奨される。

多くのユーザーに使われているということは、そのコミュニティー性である。そのツールを使うノウハウを得やすいということである。

そのことは可続性が良く、メンテナンス性に優れることの「意味」を示す(自分の古いプログラムや他人のプログラムをすぐに理解できる)。

つまり結果を解釈するためのツール(可視化、データ分析)が豊富にあるということである。

 

参考

「科学技術計算のためのPython入門」開発基礎、必須ライブラリー、高速化    中久喜健司 著