教育

教育とは教えることではなく、「導き出す」、「連れ出す」という神秘的なものです。ゆえに学ぶということは「自分自身の発見」(流出)です。自分の人生の目的は、自分の中に「確固として在る」と考えるのです。これこそ「不可侵の権利」です。

たぶん「教わること」は不快なはずです。「正しい」という答えの押し売りだからです。

ゆえに人は、正しいことを「間違って」行うのではなく、間違ったことを「より正しく」し続けることで成長します。つまり先のニーズはわかりません。しかしそれは持続的に「問題解決」をしてゆくテクニックの実践となります。ゆえに教育は簡単に直面破綻するような知識そのものではなく、「解決策」の永続探求ということになります。

 

参考

「逆転の教育」-理想の学びをデザインするー  ラッセル・L・エイコフ ダニエル・グリーンバーグ 著