公正なテスト(創薬)

「悪態が痛みを和らげる」研究は現代を象徴する。

良いこと悪いことはこじつけである場合が多いから、人を傷つける悲劇より、滑稽たる喜劇であることを選ぶほうが、人を癒すし賢明だ。ユーモアの起源は悪態や悪癖にあるこの信念である。ゆえに集団の道具ではない。それは自分を癒し、人を傷つけない現代の薬である。こうした創薬がいまは足りない。

 

イグ・ノーベル平和賞授賞理由

「呪いや罵りの言葉を吐くと痛みが取り除かれる、という広く信じられてきた信念を確認したことに対して。」

 

参考

「悪癖の科学」その隠れた効用をめぐる実験  リチャード・スティーヴンズ 著